風俗体験談はむつかしく解釈するから分からなくなる。

タイプのデリヘル嬢に2回目をお願いする

デリヘルで遊んだ回数は多くありません。しかし、体験した中で相手をしてくれた女の子は、お世辞にも魅力的には感じませんでした。ルックスやスタイルがタイプでは無かったからです。

タイプの女の子と遊ぶためには指名をするのが一番です。ところが、指名料を支払うのが嫌だったので、結局指名しないで遊んでいました。フリーでタイプの女の子に当たることは無いと思い込んでデリヘルで遊ぶようになっていた時、タイプの女の子に当たってしまいました。

小柄で黒髪のショートカット、メイクは薄目で清楚系のAちゃんです。Aちゃんは、全てが私のタイプだったので、初めてデリヘルで女の子の容姿で興奮することができました。

その証拠に、いつも1発でスッキリしてしまう私が、この度は1回だけでは物足りず、2回目をお願いしてしまったほどです。さすがに3回目は難しかったですが、しばらく性欲を我慢してAちゃんを指名し、1回のデリヘルで3回抜きに挑戦する予定です。

デリヘルでチェンジするのは時間がある時

デリヘル嬢は、気に入らなければ「チェンジ」してもいいのですが、ただし時間があるときに限りますね。

これが箱ヘルやソープの場合であれば、気に入らなかったらチェンジをして、そして次の嬢が出てくるまでたいして時間がかからなかったりするのですが、けれどもとかくデリヘル嬢の場合ですと、次が出てくるまで時間がかかる。

次のデリヘル嬢が出てくるまで1時間待たされることだってザラにありますからね。それにソープなどの場合ですと、怒り気味でチェンジすれば、さっきやってきた嬢よりもカワイイ子が出てきてくれたりするのですが、しかしデリヘルの場合ですと、さらに微妙にレベルが落ちていたりもするわけです。

たまーに若干レベルが上がることもあるのですが、たとえばデブから普通体型の女性にーといったように。けれども大概はそれほど変わりないですしね。それにとにかく次でてくるまで時間がかかりますので、デリヘルでチェンジする時は、思いっきりヒマなときに限りますね。
渋谷デリヘル[駅ちか人気デリヘルランキング!!]

従順パイパンなデリヘル嬢

昔から、男次第で女性が変わっていくという事はよくある話でした。特に性的趣向を合わせるのは典型的な例です。極端に変態的なものでなければ、彼に対する愛情が強いほど従順になっていきます。恋は盲目的なのも頷けるのです。

先だってパイパンなデリヘル嬢とお相手しました。エステや脱毛など、美しくなる為のお店が多い昨今なので、パイパンは珍しい事ではありません。一通りプレイした後、パイパンの訳を聞いたのでした。

「昔から剃ってたの?」「んんん、元彼ぇ」「ふーん、こういうのが好きだったんだね」そう指をなぞると「お兄さんも好きじゃーーーん」と笑ってしまいました。

「まだ付き合ってるの?」「んんん、だいぶ前に別れたよ」「じゃぁなんでこうしてるの」「これってぇ一回すると伸びるでしょ、坊主頭といっしょよー」「チクチクするってこと」「うん、だからとりあえずキープしてる感じ」

良かった点としては、かなり際どい水着や下着も着れ、夏は涼しいとの事で、冬は真逆で寒いとの事でした。